Out of Bounds。

WEB制作会社でウェブデザインしてます。

空前のラップブームから生まれた、新時代のラップ『ウタモノラップ』って何?


メロディーが無く、ビートのみで乗せていくラップとは違う。新しいラップの形。それが『ウタモノラップ』。 若い10代のネット世代、そしてHIPHOPを聴いてこなかった世代である。彼らは、90年代初期に流行したキングギドラ、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンドKAMINARI-KAZOKU(いわゆるさんぴん世代)を知らない。若い実力のあるシンガーがラップを取り入れ、聞き馴染みのあるメロディーに乗せるラップをメインとして発表し、広がりを見せているのが『ウタモノラップ』の広がりの背景らしい。

『ウタモノラップ』を歌うアーティスト。

水曜日のカンパネラ

daoko

ぼくのりりっくのぼうよみ

昨今のラップブームに自分が感じていること

自分はさんぴん世代の数年後に、HIPHOPを好きになった世代です。アンダーグラウンドで言えば、さきほど述べたキングギドラ、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンドや、あとは、ケーダブシャイン、GK-MARYAN、UZIなど。もう少しポップなHIPHOPで言えば、ドラゴンアッシュ、キックザカンクルー、リップスライムHOMEMADE家族あたりを聴いていました。少しミーハーな感じでしたが。 いまのラップブームの火付け役となった『フリースタイルダンジョン』その下火となった『高校生ラップ選手権』なども勿論注目してましたし、2000年代のMCバトル(KREVAが三連覇した頃)から好きで動画を漁ってハマっていました。 そんな日本語ラップ歴10年以上のぼくの感想として、昔のラップとは違う広がりをみせる(ポップ寄りになる)、アイドルのラップや今回紹介した『ウタモノラップ』などに対して、 「こんなん本物の日本語ラップじゃない」 「結局は、過去のラップ知らない世代がラップは全然だめ」 という気持ちは一切抱いていません。 むしろ、迎合しています。 ポップでも、なんでも良いものは広がればいいし、日本語ラップ流行れ!って気持ちでいます!

人気ラッパーでも、ラップだけで生計を立てている人は、非常に少ない

なぜかというと、どんな形であれシーンが広がっていかないと、日本のラッパーが音楽だけで生活するのが難しいからです。 それは、つい最近恵比寿リキッドルームで開催された戦国MCバトルに観覧に行って感じました。 ACE、TKda黒ぶち、ハハノシキュウ、ライムベリーのMIRI、掌幻など、豪華なメンツが顔を連ねていました。ライブとMCバトルに会場が最高に盛り上がったのですが、イベント終了すると、なんと物販で彼らがCDの呼び込み販売を行う。時にはファンとの2ショット写真にも応じ、交流を行う。 なぜなら、ある程度名が売れているラッパーでも、CDやグッズ(DVD、Tシャツ)などの商品はほとんど買われていないからです。みんなライブとMCバトルをメインで遊びに来ているので、CDは不要。もしくは家に帰って動画を漁れば十分。そのため有名なラッパーたちはバイトなど、音楽以外に別の収入源を確保しなくてはならない。焚巻がフリースタイルダンジョンでラップしてた様に、ラップをする傍ら、バイトで生計を立てるラッパーは数多い。ニガリも長野から上京してお好み焼き屋でバイトで生計を立てている。

ラップの新たな収入のカタチ

しかし、CDを売る以外にも、新たなラップの収入源の確保の形態も広がり始めている。 例えば、ACEと掌幻などの渋谷サイファーでは、ラップスクールを開き、ラップを学びたい初心者の方に教えて授業料をもらっている。これも高校生ラップ選手権、フリースタイルダンジョンなどMCバトルがオーバーグラウンドに広がってきたからこそ出来る、音楽に関わりながら生計を立てる新たな可能性です。あとは動画配信という収入形態。いわゆるYouTuberと呼ばれる存在です。高校生ラップ選手権で一躍有名となった、言xTHEANSWERなどの若い世代が配信し収入を得ています。

さいごに

節操ないようですが、ポップでも、アイドルラップでも、ウタモノラップでも、ラップが世間に浸透してくれるなら何でもいいなじゃないかと思います!もちろん「これ何で流行るの?」「日本語ラップが乱れてしまっていく…」など、様々な不平不満や問題も出てくると思いますが、広まらなきゃ、討論もできないし、どうせその場限りの偽物がすぐ消えてしまうので、ご安心してていいなじゃないかと。その時世間はわからなくても、本物はいつか評価されるのが、世の中だと信じております。 なので、この空前のラップブームが絶えずに広まりつつ、本物のラッパーたちが音楽だけ生活できる時代になればいいなと影ながら祈っております。個人的には特に、ニガリ君は頑張ってほしいなー!非リア代表的なところあるので、応援したい。