Out of Bounds。

WEB制作会社でウェブデザインしてます。

接続水域と領海の違いって?

 

www.sankei.com

1977年に施行された領海法により、日本の領海幅は3カイリ(約5・6キロ)から12カイリ(約22キロ)に拡張された。領海のさらに外側約22キロの範囲に接続水域が設けられ、通関や出入国管理など自国の法律を適用できる。銃器、麻薬の密輸や密入国などを防止するため、国連海洋法条約は締結国に設定する権利を認めている。日本は同条約を批准した96年に領海法を改正し、接続水域を定めた。

接続水域と領海の違いとは〜接続水域と領海の違いを解説

接続水域とは自国以外の船が近づいた時に警告を出すことができる場所のことを指し、領海とは自国の領土のことを指すという違いがある。
接続水域も領海も海のことを指しているが、その範囲が国内と同じ扱いになるかどうかに違いがある。
接続水域とはその国の一部ではないが、自国以外の船が近づいた時に警告を出すことのできる場所。ただし自国に含まれないため、基本的にはどの国の船が入ってきたとしても法律的には問題はない。また接続水域は領土の低潮線から24海里(約44.4キロメートル)範囲内の場所を指す。

領海に入らない限り、違法ではないが問題はあるということか…。日本の法律と、中国ロシアの法律でも考え方や解釈もいくらでも変えられるし、接続水域は微妙な法律な為この件で新たな法整備が求められそう。

  • 中国海軍が尖閣諸島周辺の接続水域へ侵入
  • 同時にロシア軍も侵入

なぜ中国ロシアの両国が同時にやって来たのか…?この辺りがニュースが大きく取り上げる理由ですし、両者の思惑が非常に気になる。