Out of Bounds。

WEB制作会社でウェブデザインしてます。

「ニホニウム」とは

 

www3.nhk.or.jp

日本の理化学研究所のグループが発見し、日本に初めて命名権が与えられた「113番元素」について、化学に関する国際機関が、名前の案を日本ということばを取り入れた「ニホニウム」に決めたことが分かりました。

「なぜニッポニウムじゃないのか?」というツイートを見かけて「確かに…!」と思ったので、調べてみたら記事が見つかりました。

新元素の名称案「ジャポニウム」ではなく「ニホニウム」が有力か - ライブドアニュース

どうやら発見した理化学研究所のチームディレクターの森田浩介さんが、自国語にこだわり、日本で発見されたことが分かるように「ニホニウム」と名付けたと記事に書いておりました。

元素の命名権を獲得したのが、日本初なので、そこを強調したい気持ちは理解出来ます。

まだ命名は確定ではなく、名称案は9日午前0時に公表され、一般からの意見を5カ月間募集とのこと。目立った反対意見がなければ、年内に周期表に記載されるそうです。

対応はやいなー。化学の世界は承認が素早くてなんともステキ。

 

『この元素が日常レベルでどんな影響を及ぼすのか?』

 

まだ全然ニュースに上がっていないので(たぶん皆詳しくないから調べてるはず)、この辺りの説明する記事が上がってくのが楽しみですね。